5時に夢中!

5時に夢中!「中瀬親方のエンタメ番付 2023年6場所」おすすめ3作品

TOKYO MXで放送中の情報番組「5時に夢中!」の人気コーナー「中瀬親方のエンタメ番付」で紹介されたおすすめ作品を紹介します。(2023年6月29日放送分) 

新潮社出版部部長の中瀬ゆかりさんが、感銘を受けた作品を幅広く紹介してくれますので、是非作品探しの参考にしてみてくださいね。

関脇:【漫画】「るなしい」意志強 ナツ子 (著)

火神の子として生きる高校生、るな。
かつて火神の子であり、鍼灸院を経営する祖母、「おばば」と一緒に暮らしている。
鍼灸院では火神の子であるるなの血が入ったモグサを使い、「自己実現」を売っている。いわゆる信者ビジネスである。
るなは「宗教の人」としてクラスでいじめられるが、唯一の理解者であるスバルとは良い友人関係を築いている。

引用:Amazonより

りょうま
りょうま
火神の子の女子高生るなと同級生の物語
キューマ
キューマ
なかなか面白い世界観やな

大関:【映画】「ナチスに仕掛けたチェスゲーム」

オーストリアの作家シュテファン・ツバイクが1942年に発表し、命をかけてナチスに抗議した書として世界的ベストセラーとなった小説「チェスの話」を映画化。

ヨーゼフは久々に再会した妻とともに、ロッテルダム港からアメリカへと向かう豪華客船に乗る。かつてウィーンで公証人の仕事をしていた彼は、オーストリアを併合したナチスドイツに貴族の資産の預金番号を教えるよう迫られるも拒絶し、ホテルに監禁された過去があった。豪華客船ではチェス大会が開かれ、世界王者が乗客全員を相手に戦っていた。世界王者と船のオーナーの対戦の際、オーナーにアドバイスして引き分けに持ち込んだヨーゼフは、自ら王者と一騎打ちをすることになる。ヨーゼフのチェスの強さには、ある悲しい理由があった。

引用:公式サイトより

■公式サイト
https://royalgame-movie.jp/

■キャスト
オリバー・マスッチ、アルブレヒト・シュッフ、ビルギット・ミニヒマイアー

りょうま
りょうま
ナチス関連作品はゾクゾクするものが多い
キューマ
キューマ
作者ツヴァイクの命がけの作品は必読

横綱:【書籍】「ぼくはあと何回、満月を見るだろう」 坂本 龍一 (著)

命が尽きるその瞬間まで、新たな曲を作りたい。
世界的音楽家、最後の言葉。

自らに残された時間を悟り、教授は語り始めた。
創作や社会運動を支える哲学、国境を越えた多彩な活動、坂本家の歴史と家族に対する想い、ガンと共に生きること、そして自分が去ったあとの世界について--。
幼少期から57歳までの人生を振り返った『音楽は自由にする』(2009年)を継ぎ、最晩年までの足跡を未来に遺す、決定的自伝。

引用:Amazonより

りょうま
りょうま
坂本龍一さん生前最後のメッセージに涙
キューマ
キューマ
人間坂本龍一をもう一度知る機会やね

 

中瀬さんの紹介作品をいつも楽しく拝見させていただいています。
今月も面白そうな作品ばかりですね!
みなさんも是非ご覧になってみてください。

これまでのエンタメ番付

ジャンル

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

Amazonで買い物するなら、Amazonチャージを利用しよう!
チャージごとに、プライム会員なら最大2.5%Amazonポイントが貯まる!
クレジットカードがなくてもOK! Amazonギフト券チャージでお得にお買い物しよう!

さっそくチャージする