ガジェット

2階戸建てのインターネット環境にはWi-Fi中継機を導入すると劇的変化するよ

我が家を2017年4月に購入し、早2ヶ月がたちました。とりあえず契約したJ:comのインターネット環境があまりよろしくなく速度に対して非常に悩んでいました。
契約したJ:comの親機ルーターモデムは1つだけ。1階か2階かいずれかに置くと、親機ルーターモデムから遠い階では電波が非常に弱くなってしまうことがすごくストレスでした。
そのストレスを解消してくれるものはないかと探してみたところ・・・Wi-Fi中継機というものを知り、藁にもすがる思いで購入してみました。

Wi-Fi中継機導入前のそれぞれの部屋の速度は?

私自身が在宅の仕事をしている都合もあり、自宅のインターネット環境は早くて安定感のあるJ:COM NET(120MB)を選びました。
そしてこのルーターモデムでは、無線LANの周波数は2.4GHzと5GHzの2つのアクセスポイントが使えます。
まず親機ルーターモデムを1階に設置し、その部屋で5GHz帯のアクセスポイントに接続してRBBSPEEDにてテストをしてみました。

下りスピード120Mbps
上りスピード10Mbps

 

うむ、快適快適。

そして2階の仕事部屋。

1階の親機ルーターモデムからは直線で6メートルくらいでしょうか。再び速度計測をしたところ、

下りスピード18Mbps
上りスピード9Mbps

 

・・・・

うーん、なんかしょぼい・・・

木造家屋で床や壁を何枚か挟むとこんなものですね。

 

デュアルバンドの特徴として、5GHzは電波が強い代わりに届く範囲が狭い、逆に2.4GHzは電波がやや弱い代わりに届く範囲が広い。というのが基本仕組みのようです。

 

それじゃ5GHzの恩恵が受けれないのであれば2.4GHzはどうか。

2階で2.4GHz帯のアクセスポイントに接続して再度RBBSPEEDにてテスト。

下りスピード25Mbps
上りスピード3Mbps

 

うーん、こっちのほうがややましか。
(上り3Mbpsってのもどうなんだって話だけど。)

だけど、せっかく120Mbpsコースを選択しているのに、これじゃなんか納得いきません・・・

どうにかしようと思い色々ググっていると、「Wi-Fi中継機」という機器があることをしりました。

Wi-Fi中継機とは、基本的にコンセント直挿しで使え、機能はWi-Fi電波を中継するという至ってシンプルなもの。
しかも親機ルーターモデムのSSIDとアクセスキーを引き継げるので、スマホなど設定変更せずにそのまま使えるのが特徴です。

Wi-Fi中継機を導入してみる

そして購入したのがこちら↓↓↓↓↓

TP-Link
WIFI 無線LAN 中継器
11ac/n/a/g/b 1300+450Mbps
ハイパワー コンセント直挿し

 

TP-LINKは日本ではなかなか馴染みが少ないですが、海外では多くの導入実績があるメーカーです。

実は最初バッファローのWi-Fi中継機を買ったんですが、接続が頻繁に切れてしまい期待した結果にはなりませんでした。
レビューもなかなか良かったので、大丈夫かなと思ったのですが残念です。
J:COMの親機ルーターモデムは「HUMAX」というメーカーで相性の問題もあったかもしれません。
こればかりは使ってみないとわからないですね。

機器の配置

1階に親機ルーターモデム、2階にWi-Fi中継機という構成です。

親機からWi-Fi中継機までの直線距離は直線で6メートル程度です。

 

2階の仕事部屋にWi-Fi中継機を設置して5ghz帯の速度を再び計測。

下りスピード64Mbps
上りスピード10Mbps

 

おおおお!

1階リビングより下りはほぼ半減しましたが、十分です。

テレビに接続しているAmazon Fire TV Stickで海外ドラマを見てみます。

フルHD1080の画質でくっきり!

俳優さんの肌質までくっきりです!

2時間くらい連続で見てますが、HD画質は安定してますね。接続が途切れることもなく安定しています。

 

総合評価

買って正解でした。

難点をつけるとすれば、機器の大きさでしょうか。お部屋に縦の2個口のコンセント穴がある場合、上の穴に挿すと下の穴が隠れて使えなくなってしまいます。

コンセント穴の数も限られているでしょうから、そこはよく場所を選ぶ必要があります。

また親機ルーターモデムからの距離が大事です。離れすぎると接続が途切れ途切れになってしまいます。

壁やドアなどの影響が少なくて最大効果を発揮する場所を家中探してみなくてはいけません。

我が家では、天井近くにあるエアコンのコンセント穴を使っています。

親機ルーターモデムからも直線で6メートルくらいで1口コンセントなので、ここに設置してます。

ほこり防止にも役立ちますねw

(2017/9/6 追記)
J:COMの親機ルーターモデムを交換することでネットワークが安定しましたので、こちらもご参考にしてみてください!
[st-card id=686 label=” name=”]

(2018/4/24 追記)
アクセスポイントはなぜ2つ!? 2.4GHzと5GHzの違いって何?
[st-card id=2222 label=” name=”]

 

Wi-Fi中継機を選ぶならデュアルバンドがいい

デュアルバンドは2.4GHzと5GHzのWi-Fiを同時に利用することが可能なので、スマホは5Hz、タブレットは2.4GHzなど分けて接続していても利用可能です。
Wi-Fi中継機を買う際はデュアルバンドに対応しているほうが絶対におすすめですよ。

TP-LinkでおすすめのWi-Fi中継機はこちら

BUFFALO製でおすすめのWi-Fi中継機はこちら

NEC製でおすすめのWi-Fi中継機はこちら

 

Wi-Fiルーターは「11ac/n/a/g/b」対応を選ぼう

11aとかcとかnとか色々あって難しい!と思った方は「11ac/n/a/g/b対応」と書いてあるものがおすすめです。最近の機種はビームフォーミングもついているので接続端末にばしっと届きますよ。

アイ・オー・データ製でおすすめのWi-Fiルーターはこちら

BUFFALO製でおすすめのWi-Fiルーターはこちら

NEC製でおすすめのWi-Fiルーターはこちら

【KEY-Visual】Designed by Freepik

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。