スマホ / タブレット

docomo dtabダブレットと格安SIMでお手軽カーナビ作成 第2話 〜0SIMゼロシム編〜

前回につづき、今回は使用する格安SIMについてお話します。

昨今のデータSIMであれば月額数百円で使用できるサービスが多いのですが、中でも注目なのが月額0円の0SIM(ゼロシム)です。So-netが運営しており、nuroモバイルが提供しているSIMカードの1つです。

私はこれとdtabの組み合わせでカーナビを作成することにしました。

毎月500MB未満まで無料で使える

0SIM(ゼロシム)のホームページに大きく謳っています。

0 SIM | nuroモバイル

最初は毎月500MBなんて余裕で終わるじゃん!下手すりゃ1日で使っちゃうよ、と思いました。もちろん多くの方はそう思うでしょうし、ゲームや動画をヘビーに使い倒すユーザーには向きません。

ですが、改めて今回のミッションを整理しておくと、あくまで使用目的はカーナビのみ。

車の中ではストリーミングの音楽配信もなし、動画再生もなし、ナビアプリ以外のインストールアプリは一切使用しないことを前提にしています。

この目的だけに絞れば、0SIM(ゼロシム)は非常〜〜〜〜におすすめです。

とにかく、毎月500MB未満までの使用料の範囲はお金かかりませんから。

仮に500MBを超えてしまっても、100MBごとに追加で100円がかかるという仕組みになっています。

 

通信会社はdocomo回線の相乗りネットワーク

0SIM(ゼロシム)はドコモ回線を使用します。ホームページにも

本サービスは、NTTドコモが提供する「Xi®」および「FOMA®」のネットワークを利用しています。本サービスの利用には、ご利用可能な周波数帯に対応した機器が必要です。

ホームページより抜粋

と書かれています。

当然ですが、auとsoftbankのSIMロック端末では使えません。docomoのSIMロック端末、あるいはSIMフリー端末を準備しましょう。

先日購入したdtab Compact d-02Hはドコモが発売するタブレットですので、問題なく0SIM(ゼロシム)が使えます。

 

気になる通信速度は・・・・

まず速度については、正直まったく期待しないでください。

1Mbpsすら出ませんw

RBBSPEED TESTで過去に1度測りましたが、500kbps程度でした。

おそらく都心でも田舎でもあまり変わらないと思います。郊外から都心へのドライブ、4県ほどまたぐドライブで使用しましたが、いずれも速度は体感として変わらないですね。

まあ無料ですから、そこは過度な期待はしないでそういうものだと思ってください。

再度念押ししますが、あくまでカ―ナビ利用として捉えてください。

ナビアプリ以外で通信が発生するアプリを同時に使用することは想定していません。

現時点では通信速度はかなり低めですが将来的に改善することもあるでしょう。個人的にはこれ以上は品質低下はないと思っています。万が一これ以上下がれば、本格的に使い物にならないですw

 

位置情報や交通情報はリアルタイム

いくら通信速度が遅いといっても、カーナビアプリでは遅延なくナビしてくれます。

曲がる信号に近づけば、事前に300メートル前くらいから教えてくれますし、渋滞情報や速度取締計(ネズミ捕り)設置付近でのお知らせにも、大きな遅延はありません。

私の使用感としては、カーナビとしてほぼ合格点といえるレベルでしょう。

 

今回は0SIM(ゼロシム)についてご紹介いたしました。

次回は、ナビアプリ、実際使っている車載ホルダーをご紹介したいと思います。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。