さんまとジミーの青春物語、笑って泣いて感動できるヒューマンドラマ

投稿日:2018年7月30日

Netflixオリジナルドラマ「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」が配信されて、全話視聴しました。まず最初にお伝えすると、泣けます!笑えます!感動します!
久しぶりに日本のドラマで心を打たれる作品に出会いました。明石家さんまさんとジミー大西さんの出会い、成長、芸人としての別れ、が全て詰まったヒューマン・ドラマでまだ見てない方にはすごくおすすめです。

Netflix (ネットフリックス)公式サイト

[chat face="man.jpg" name="りょうま" align="left" border="gray" bg="none" style=""]久々に良いドラマを見たね、キャスティングもロケーションも素晴らしかった。[/chat]

[chat face="neko.jpg" name="キュウマ" align="right" border="gray" bg="none" style=""]昔のなんば花月がまたいい味出してるんだよね〜。[/chat]

1度お蔵入したドラマを新キャストでオール取り直す

このドラマは2017年に公開予定でした。主役の明石家さんまさん役だった小出恵介さんの不祥事により公開直前でお蔵入り。役どころからして差し替えがきかず、編集作業が難航していたところ、当初さんま役で一番最初に声がかかっていた玉山鉄二さんが自ら声をあげて、さんま役としてキャスティングが決定。全編再撮影し本作品が出来上がりました。

[chat face="man.jpg" name="りょうま" align="left" border="gray" bg="none" style=""]小出さん中尾さんのROOKIESコンビも見てみたかったけど、正直玉山さんの演技が素晴らしい[/chat]

[chat face="neko.jpg" name="キュウマ" align="right" border="gray" bg="none" style=""]玉山さんはさんちゃんのタバコの吸い方まで研究してたみたいだからね[/chat]

知られざる「ジミー大西」の誕生秘話、大西秀明とは一体どういう人物だったのか

物語はジミー大西こと大西秀明がどういう経緯でよしもとに入ったのか、さんまといつであったのか、芸人ジミー大西はどうやって生まれたのか、を鮮明に描いていきます。
(ネタバレになるので詳細は明かしません)

ジミーさんの小さい頃の苦労や失敗談など人間性を丁寧に描いた序盤。さんまさんに惚れ、さんまさんに惚れられた大西秀明。さんまさんの優しさでジミーさんの幾多の苦難を助けた話に心を打たれます。

[chat face="man.jpg" name="りょうま" align="left" border="gray" bg="none" style=""]ジミーちゃんは本当にさんちゃんが好きだったんだね、これだけ慕える存在が近くにいたっことは幸せだね[/chat]

[chat face="neko.jpg" name="キュウマ" align="right" border="gray" bg="none" style=""]さんまさんが見捨てなかったのも大きいね、男気ってこれだな[/chat]

笑いの天才でありスーパースター、明石家さんまとはどういう人物だったのか

明石家さんまさんの芸人初期も描かれます。
師匠の笑福亭松之介さんから離れ、明石家さんまとして独演をしている時期です。
旧なんば花月で起こるドタバタ劇もおもしろいのですが、昭和の豪快さや無骨な感じがノスタルジーな気分になり、時代をトリップします。

芸人、社員、ファン全てから愛された明石家さんまさんの半生もみることができるのはいまではとても貴重ですね。

[chat face="man.jpg" name="りょうま" align="left" border="gray" bg="none" style=""]さんまさんはほんとに昔から人気者でスターだっただね、ひょうきん族以降しか知らなかったから[/chat]

[chat face="neko.jpg" name="キュウマ" align="right" border="gray" bg="none" style=""]スキャンダルや芸能記者にもよく追いかけられてたね、人気者の証![/chat]

芸人のジミー大西から画伯のジミー大西が生まれる瞬間

ジミーさんは絵を書くのが好きでした。ある仕事で1枚の絵を書いたところ、その評価がとても高くマネージャーから画家ジミー大西へといざなわれます。

最初はしぶしぶやっていたものの、ある1通の激励の手紙によってジミー大西は大きく心を動かされる。その手紙の送り主はあの「岡本太郎」だった。

[chat face="man.jpg" name="りょうま" align="left" border="gray" bg="none" style=""]美術・芸術はやっぱり持ってる才能が全てなんだなと思った[/chat]

[chat face="neko.jpg" name="キュウマ" align="right" border="gray" bg="none" style=""]岡本太郎から手紙もらうってすごい、オレもほしいぞ![/chat]

ジミー大西を支えた女性マネージャーの存在

この物語の主人公で欠かせないのは、ジミー大西の女性マネージャーの存在です。
芸人から画伯へと導いた一人でもあり、後のジミー大西の妻でもあります。

ジミーさんに絵を書くモチベーションを与え続けた功労者であり、心の支えでもありました。そして二人はスペインに行くことを決める。

さんまさん、女性マネージャー、そして岡本太郎。
ジミー大西の運命を動かすそれぞれの人物の役どころにも注目していただきたいです。

[chat face="man.jpg" name="りょうま" align="left" border="gray" bg="none" style=""]忘れちゃいけないのが、村上ショージさんとミスターオクレさんもね、全編ずーっといい脇を固めてくれたね[/chat]

[chat face="neko.jpg" name="キュウマ" align="right" border="gray" bg="none" style=""]この人達がいなかったらある意味成立しないよ[/chat]

まとめ

本作品には「感動」「笑い」「泣き」の要素がたくさくたくさん詰まっています。
さんまさんが全編プロデュースしたとあり、ある意味自分の自伝でもあるのでリアルに鮮明に描かれています。
これを見たいだけでNetflixに契約しましたが、すごく満足できました。

皆さんもぜひぜひ見てくださいね。

[chat face="man.jpg" name="りょうま" align="left" border="gray" bg="none" style=""]振り返ればけっこう感動したね、昔のなんば花月とか懐かしくてしみじみ見ちゃったな。[/chat]

[chat face="neko.jpg" name="キュウマ" align="right" border="gray" bg="none" style=""]MISIAのエンディングテーマがまた染みるぜ〜。[/chat]

Netflix (ネットフリックス)公式サイト

[2col-box]
[2-left]

[/2-left]
[2-right]

[/2-right]
[/2col-box]

関連記事

関連記事はありませんでした

-日本のドラマ
-

Copyright© ヤッテモータース , 2018 All Rights Reserved.