生活用品

まだハーフパンツ買ってるの?使える夏のライフハック!

メンズの夏の定番アイテムといえば、ハーフパンツ(ショートパンツ)ですよね。連日の猛暑でジーパンは履きたくないですし、ハーフパンツも汗でびっしょりになれば当然毎回洗います。

「あ〜新しいハーフパンツが欲しい!」

今回はそんはハーフパンツにまつわるライフハックのお話です。私はが実際に、ブランド品のハーフパンツを安く手に入れている方法をご紹介したいと思います。

オシャレはしたいけど、そんなにお金をかけたくないという方、是非お試しください。

リサイクルはポジティブ文化である

一昔前であれば、リサイクルショップに売ってる衣類はけっこうひどい状態のものが多くて、なかなか買いたいものもありませんでした。

近年、メルカリをはじめとしたフリマアプリのマーケット拡大により、CtoCのリユース文化がだいぶ広がりました。

店舗型のお店も買取ブランドの幅が広がり、色々な客層に対応できるように取り扱いを強化しております。

清潔感で探しやすい内装や大手ポイントとの連携など、アプリと店舗ともにリサイクル&リユースはポジティブな文化になったと思います。

そうなると欲しかったものがだいぶ安く手に入り、新品の衣類を正規ショップで買わずとも、ブランドファッションが手軽にできるようになりますよね。

<主な大型店舗ブランドリユース・リサイクルショップ>

良品買館

セカンドストリート

トレジャーファクトリー

KOMEHYO

ラグタグ

私が知らないだけで、まだまだ全国にはたくさんありますが、大型店であればあるほど、お宝をたくさんゲットできますので、ぜひぜひ探してみてください。

あえて長ズボンを探す

見出しで大体ご想像がつくと思いますが、あえて長ズボンを探します。

この時期ですから、春物の売れ残りが値下げされていたり、特価品コ―ナーに設置されてたたき売りされている場合があります。

パンツを探していると、

・うわ〜派手な柄だな〜

・裾がボロボロじゃん・・・

・こんなショッキングな色のパンツ誰が履くんだよ〜

といった、誰も手を付けないようなどうにもこうにもならないパンツっていくつかありますよね。

でもそれが意外とハイブランドだったり、セレクトショップブランドだったり、インポートブランドだったりして、普通に買ったら高いものが、デザインが奇抜なだけで激安になっているんです。

実際、ラルフローレン、ディーゼル、アバクロあたりはけっこうあります。セレクトだとジャーナルスタンダード、アーバンリサーチ、シップスあたりもけっこうありますね。

こういったものを探し、膝丈でチョキンと切ってハーフパンツすることで、ブランド品のハーフパンツを作ってしまおうというのが夏のライフハックです。

ハーフパンツにするということを前提にさがしてみる

前項でも触れましたが、奇抜なデザインや足元のダメージは、長ズボンで使うには抵抗があるでしょう。

しかし膝丈でカットしハーフパンツにするとしてみたらどうでしょう。

少々派手なデザインもカラーもハーフパンツなら使いやすいですよね。

裾のほつれやダメージ、ブーツカットも、膝丈で切ってしまえば問題ありませんよね。

気にするところはウエストです。デザインや色に問題がなくウエストが合えば即買いして良いと思います。

私はこうして、派手めのパンツから、カーキやネイビーなどの定番カラーを4本ほど選び、合計3000円程度で手に入れました。

大手ショップだと、ほんとに多くのブランドを取り扱っているので、先日は、Scotch & Soda、REPLAY、ALPHA INDUSTRIES、ジャーナルスタンダードをゲットすることができました。

もちろん全て長ズボンです。

ジーパン(デニム)はあまりおすすめできない・・・

一番品数が多いのがジーパンです。もちろんジャパンブランドのデニムもたくさんあるのですが、正直長ズボン→半ズボンのリメイクはおすすめできないかもですね。

理由としては街のリメイクショップではチェーンステッチ縫いができない場合が多いです。

ジーパンの場合、裾がチェーンステッチでなくシングルステッチの場合、簡単にほつれてきてしまうことや裾が貧弱に見えてしまいます。

それでも大丈夫という方ならOKですが、せっかくかっこよくはきたいのであれば、やはりチェーンステッチをおすすめします。

街のリメイクショップを探す

ズボンを手に入れたら、膝丈のカットです。

ご自宅にミシンがあって、ご自身で裾縫いができればよいですが、なかなかそういった方はおられないと思います。

そこで、街のリメイクショップに持ち込んで、カットして裾縫いしてもらいましょう。

<全国店舗のお店>

マジックミシン

ママのリフォーム

有名店だとこの2店がありますが、街の商店街などの小さな洋服屋さんでもリメイクや裾上げをしてくれるところはたくさんありますので、そちらで持ち込んで相談してみてください。

私は駅前にある小さなジーパンショップにいつもお願いしてます。

裾上げ料金は1000円から1500円くらい

裾上げ料金はだいたい1000円から1500円くらいです。

もはや裾上げのレベルではないですが、長ズボンを半ズボンにしたいと伝えれば意図は伝わると思います。縫い糸も近い色に合わせて縫ってくれますが、そこはあまり選べない店舗もありますので、事前に確認してください。

よほど分厚い生地だったり、カーゴパンツでサイドポケットがついていたりしなければ受付てもらえると思います。

今回リサイクルショップで4本3000円で買ったものに、リメイク代4000円を合わせて7000円でハーフパンツを4つ手に入れました。

そこそこのオシャレを楽しむにはベスト

どうでしょうか、決して新品ではありませんがブランド品のハーフパンツです。

新品で今年の流行りのデザインであれば5000〜6000円しますよね。

だいたい新品のお値段で3〜4本のブランド品のハーフパンツが手に入ると思えばすごくお得ですよね。

Tシャツやジャケットのリメイクは難しいですが、長ズボンから半ズボンへのリメイクは手軽にできるんです。

フリマアプリでも安いものは手に入れられますが、やはり実物を見て探すことをおすすめしますので、皆さんのお住いの街にあるリサイクルショップ、リユースショップに是非足を運んでみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。