過去のFirefoxをインストールした時に自動アップデートさせない方法

個人メモ!

Firefoxがバージョン57より「Firefox Quantum」となってメジャーアップデートしました。
それによりVer56まで使えていたアドオンが軒並み使えなくなったのですが、どうしてもこれまでのアドオンを使いたいために、レガシーバージョンをインストールしたのですが、ちょっと苦労したので、インストールすべき最適なレガシーバージョンをメモしておきます。

以前Firefoxブラウザはここからダウンロードできる

ダウンロード先
https://ftp.mozilla.org/pub/firefox/releases/

「esr」がついたものを選ぶ

esrがついていないバージョンを選ぶと、インストールして起動した瞬間に、ブラウザ本体の自動アップデートが走ってしまい、再起動すると強制的にバージョン57の「Firefox Quantum」にアップデートされてしまいます。

「ブラウザの設定」から自動アップデートをしない設定に変えたところで、この問題は解決しないです。

ですので「esr」がついたバージョンを選びましょう。

最も新しいバージョンで「esr」がついたものは「52.5.2esr/」になります。

あとは、ご自身のOSに環境に合わせたデータをダウンロードするだけ。

まとめ

ブラウザセキュリティ的にはよろしくないですが、私はどうしても以前のFirebugが使いたかったため、以前のバージョンに戻しました。

みなさんもどうしても戻したい時はesr付きのバージョンを選んでみてください。

Copyright© ヤッテキュー! , 2018 All Rights Reserved.