J:COMのルーターモデムをHUMAXからCiscoに変えたら爆速インターネットになりました!

投稿日:2017年9月6日 更新日:

新居に引っ越してから我が家のインターネットはJ:COM NET(120MB)を利用しています。

以前Wi-Fi中継機を導入して快適インターネットを構築した記事を書きましたが、その後別の問題が起きてしまいました。

このまま放置していてもとてもストレスであったため、J:COMのサポートに連絡して親機ルーターモデムを交換してもらいました。

私はこれで改善できたので、もし同じような状況でお悩みの方がいれば参考にしてみてください。

機器の配置をおさらい

我が家では1階に親機ルーターモデム、2階にWi-Fi中継機という構成です。
親機ルーターモデムからWi-Fi中継機までの直線距離は直線で6メートル程度です。

 

J:COMでレンタルしているルーターモデム

J:COM NETでレンタルしているルーターモデム(J:COMの言い方でケーブルモデム)はなんと14社のメーカーを取り扱っています!

そのうち、ホームWi-Fiに対応しているものは6社で、基本的にはこの6社のどれかがレンタルされています。

J:COMからレンタルしているケーブルモデム一覧

ざっと見た感じでは、BUFFALOやI-O DATAやNECはなく、半分以上はあまり馴染みにないメーカーばかりです。

我が家はHUMAX(ヒューマックス)社製でした

最初に設置していただいたルーターモデムはHUMAX(ヒューマックス)HG100R-02JGというものです。

こちらは調べてみると韓国の会社のようです。ちゃんと日本法人もありますが国内ではかなりマイナーなため機種の情報があまりありません。

HUMAX / ウィキペディア

ヒューマックスジャパン

 

HUMAXルーターモデムとTP-LINKのWi-Fi中継機で起こる不具合

Wi-Fi中継機を挟まずに、直接HUMAXルーターモデムにスマホやPCをWi-Fi接続している間はとくに問題はありません。
問題はWi-Fi中継機経由でHUMAXルーターモデムに接続した際に非常にネットワークが不安定になってしまいます。

<その時対処したこと>

TP-LINK中継機を再起動 → 正常に戻る場合がある

それでもダメなら

HUMAXルーターモデムを再起動 → ほぼ正常に戻る

 

と再起動ありきのネットワーク環境になってしまいました。

しばらく原因がつかめませんでしたが、色々と調べてみたところHUMAXルーターモデムから各端末へのDHCPのIPアドレスリースがうまくいっていないようでした。

HUMAXルーターモデムのDHCPから60分間のIPアドレスリースが設定されていますが、Wi-Fi中継機を介している各端末のIPアドレスは60分後に正常に再リースできていませんでした。

スマホやPCのIPアドレスとMACアドレスをHUMAXルーターモデムに登録して固定IPを設定してみましたが、それでもうまくいかず(というかなぜか全く繋がらない)、HUMAXルーターモデムのDHCPの設定をこれ以上するのは私の知識では無理と判断しました。

 

HUMAXルーターモデム再起動して、今まで使用したIPアドレスを全て開放してあげることで再接続が可能になるのですが、再接続後しばらく放置しておくとまたWi-Fi接続が切れてしまいます。

いつの間にかWi-Fi接続が切れていることや、再起動の手間、起動までの待ち時間などとにかくストレスでした。

 

ルーターモデムとWi-Fi中継機には相性がある

私の見解ですが基本的に親機ルーターモデムとWi-Fi中継機のメーカーは同一のものがいいと思います。親機がBUFFALOであればWi-Fi中継機もBUFFALO、親機がNECならWi-Fi中継機もNECというようになるのがベストと考えます。

理由は、同一メーカーであればWPSやAOSSボタンでワンタッチ設定ができること、スマホアプリやブラウザからの設定が簡単であるということも重要です。

当然同一メーカーで新機種をリリースする際は既存機種との接続検証を行っているばずなので、相性が極端に悪いということはないはずです。

Wi-Fi中継機をお探しの方は、いまお使いの親機ルーターモデムのメーカーと同一メーカーでWi-Fi中継機をお選びいただくのがベストだと思います。

 

J:COMに調査していただき、HUMAXルーターモデムも交換

J:COMサポートに状況を説明したところ、J:COMとしてはWi-Fi中継機のレンタルは行っていないとのことでした。またHUMAXルーターモデムと相性の良いWi-Fi中継機のメーカーも回答しかねるとのこと。HUMAXルーターモデムの不具合も考えられるので自宅に来て調査してくれることになりました。

 

自分でも色々トラブルシューティングをしてみたが改善できなかったことから、ルーターモデムのメーカーを変えてほしいとお願いをしたところ、

「わかりました、在庫がございましたらそちらに交換いたします」

と快く対応して頂くことに。

 

そして新しく交換してもらった機種がこちら!

CISCO DPC3828

アメリカの老舗ネットワーク機器メーカー「Cisco Systems」のCISCO DPC3828です。

ルーターモデムを交換してもらいTP-LINKのWi-Fi中継機やCiscoルーターモデムに特別な設定は一切せずに様子をみます。

すると数時間経過してもHUMAXで起こったようなWi-Fi接続が60分で途切れてしまう不具合は発生しなくなりました。

DHCPの安定性を考えるとCiscoルーターモデムと相性がよかったのかもしれません。

速度テスト結果も良好で、1階で下り120mbps、Wi-Fi中継機設置の2階で下り64mbpsと安定したスピードを維持しております。

1階

2階

J:COMサポートのお話では、利用者の中でWi-Fi中継機で利用が多いものはBUFFALO製が多いらしく、私のような不具合の問い合わせは今のところ無いみたいです。

同じようなお悩みを抱えている方、まずはJ:COMにご相談の上、ルーターモデムの機種変更を検討してみてくださいね。

2階戸建てのインターネット環境にはWi-Fi中継機を導入すると劇的変化するよ

続きを見る

なんかWi-Fi遅くない?と思ったら5GHzにつないだら爆速になるよ!

続きを見る

 

Wi-Fi中継機を選ぶならデュアルバンドがいい

デュアルバンドは2.4GHzと5GHzのWi-Fiを同時に利用することが可能なので、スマホは5Hz、タブレットは2.4GHzなど分けて接続していても利用可能です。
Wi-Fi中継機を買う際はデュアルバンドに対応しているほうが絶対におすすめですよ。

TP-LinkでおすすめのWi-Fi中継機はこちら

BUFFALO製でおすすめのWi-Fi中継機はこちら

NEC製でおすすめのWi-Fi中継機はこちら

 

Wi-Fiルーターは「11ac/n/a/g/b」対応を選ぼう

11aとかcとかnとか色々あって難しい!と思った方は「11ac/n/a/g/b対応」と書いてあるものがおすすめです。最近の機種はビームフォーミングもついているので接続端末にばしっと届きますよ。

アイ・オー・データ製でおすすめのWi-Fiルーターはこちら

BUFFALO製でおすすめのWi-Fiルーターはこちら

NEC製でおすすめのWi-Fiルーターはこちら

 

関連するおすすめ記事

Amazonチャージ


Amazonで買い物するなら、Amazonチャージを利用しよう!

チャージごとに、プライム会員なら最大2.5%Amazonポイントが貯まる!

クレジットカードがなくてもOK! Amazonギフト券チャージでお得にお買い物しよう!

さっそくチャージする

Amazonクリスマスギフト
  • この記事を書いた人

りょうま

WEBエンジニア/フリーランス5期目/大阪府北摂在住🏠長野県諏訪市出身🎣webデザインやフロントエンド技術の情報を中心に、人生をカスタマイズして楽しく過ごすための情報を発信中📢WPテーマはAFFINGER5です。

-ガジェット
-,

Copyright© ヤッテモータース , 2018 All Rights Reserved.