【2018年決定版】タブレットをカーナビにする最強の組み合わせはこれだ!

投稿日:2018年9月6日

これまで過去2回にわたって、タブレット端末のカーナビ化の記事をご紹介しました。
毎年新しくスペックの高いタブレット端末が発売されますが、それと同時に格安SIMでも新しいプランやサービスが提供されています。

タブレットカーナビのオタクとしては、常に快適なドライブを求めるべく、また新しくタブレットを買ってしまいました! さらに今年はSIMも別の会社に乗り換え!
この2つの組み合わせがずばりハマり操作性やネットワークの快適さを得ることができました。

それでは2018年の最強のタブレットカーナビをご紹介します!

まずはおさらい「タブレットカーナビ」とは?

文字通り、タブレット端末をカーナビとして利用します。

使用するタブレットの条件として、セルラー(4g/lte)対応対応のものが必須です。
Wi-Fi専用タブレットでもよいのですが、ポケットWi-Fi、もしくはスマホテザリングの準備が必要なため、運用コストは高くなります。

これまでの過去2年の運用ではNTTドコモのdtabを使用してきました。

https://yatteq.com//?p=391

https://yatteq.com//?p=400

https://yatteq.com//?p=418

dtabの素晴らしいところは、まず価格帯です。
セルラー(4g/lte)対応対応端末でありながら、中古市場で5千円〜1万円程度で購入できます。
本体の大きさも8インチと、カーナビとして使うにはちょうどよい大きさ。

iPadでもいいの?

iPadにもセルラー(4g/lte)対応のものがありますが、中古市場では第3世代ぐらいでやっと1万円くらいでしょうか。大きさとしてはiPad miniがちょうどよいのでiPad miniで探しても15000〜20000円くらいですね。

ただ基本的にiPadはおすすめしません。その理由はこのカーナビ化を実現するためにはあるAndoridアプリを使わないといけないからなのです。

◆カーナビとして使うために必要なAndroidアプリ

※このアプリを使い、エンジン始動でYahoo!カーナビ起動、エンジン停止でスリープモードで画面をブラックアウトすると連携させています。
簡単にいうと、シガライターからUSBケーブルで充電しっぱなしにさせて、エンジン起動(充電開始)、エンジン停止(充電終了)のタスクを走らせているだけです。この設定がドライブ中はとっても便利なのでぜひ設定しておいて欲しいです。

ということで、快適にカーナビ利用するためにもできればdtabを購入されることをおすすめします。

2018年最強のタブレットは「dtab compact d-01j」

こちらは2017年に発売されたタブレット「dtab compact d-01j」です。
HUAWEI製でドコモから毎年モデルチェンジをして発売しています。

現在、中古&フリマ市場では15,000円〜20,000円で販売されており、大変人気があるためすぐに売り切れてしまいます。少しでもお安くゲットできるときはすぐ買ったほうがいいですよ!

なぜdtab compact d-01jがいいの?

ずばり内蔵メモリ(RAM)が3GBというところです。これまでのdtabでは内蔵メモリ(RAM)が2GBということで、たかが1GBの差ですが動作がかなりもっさりでした。地図を動かす際や目的地の検索のもたつき感はけっこうストレスで、外出先でイライラすることもありました。

内蔵メモリ(RAM)が3GBになったことでiPad並のキビキビ感、ヌルヌル感をやっと手に入れました。やはり現状のアプリや解像度に耐えうるスペックとしては3GBはあったほうがいいですね。

ちなみに今年後継機として新発売した「dtab Compact d-02K」ですが、内蔵RAMは「dtab compact d-01j」と同じく3GBです。カメラがデュアルカメラになったことや防水性が上がったことなど、携帯性を重視したリニューアルが搭載されているようです。
ですが、本目的ではあくまでカーナビとして使うだけなので、費用対効果を考えると「dtab compact d-01j」が最強です。

安くて早い格安SIM「b-mobile 190PadSIM 」

日本通信が提供している格安SIM「b-mobile」です。色々と調べたところ、現状月額料金が最安のデータSIMだと思います。
ただこちらのSIMは使い放題ではなく従量課金制です。

100MBまでが月額190円で、100MB以上1GB以内540円という料金設定です。
その後は1GBごとに約350円づつ課金されます。

自分のこれまでのドライビングデータで考えると、Yahoo!カーナビだけ利用する前提で、週末土日に毎週200km程度のドライブをしても通信量が1GBを超えることはありません。

直近のドライブ往復200km程度で70MBでした。

ドライブ旅行が多い月なら100MBを越えてしまうかもしれませんが、それでも1GBまでであれば540円の支払いで済むので対したコストにはならないですね。
逆に使わない月は190円で維持できるので、ちょこっと使いたいだけのサンデードライバーの方には本当におすすめです。

ドライブ中の地図操作、目的地の再検索が早い

これは非常に重要です。カーナビはやはりサクサクと動くものじゃないと使い物にならないんだと改めて感じました。
ドライブの途中で寄り道をしたかったり、渋滞回避でリロードしたかったり、現在地や目的地の周辺の拡大縮小地図が見たかったりしますよね。

「dtab compact d-01j」のスペックの高いタブレットとダウンロードスピードの早い「b-mobile 190PadSIM 」の組み合わせだと、ほんとに家のWi-Fiで操作をしているかのような使い心地です!

これはマジで感動レベルでした。

0sim(ゼロシム)に別れを告げる・・

過去2年間、無料で頑張ってくれた0sim(ゼロシム)。月額500MBまで無料で使える画期的な格安SIMでした。
最初に目的地を設定して、その後一切触らずにゴールするのであれば全く問題ありませんでした。音声ナビのタイミングもバッチリですし大きな遅延はありません。

ただ、、クッソ遅い・・・

無料だししょうがないですね。でもちょっとあまりにも速度が遅すぎて、ドライブ中に目的地変更や地図を拡大縮小をすると動作がほぼ止まりますw

まあ、無料だししょうがないですね。

でもこれまでコスパ最強のタブレットカーナビを実現させてくれて感謝しています。

ということでタブレットカーナビの決定版は「dtab compact d-01j」と「b-mobile 190PadSIM 」に決まり!

個の組み合わせで3回ほど遠出のドライブに出かけましたが、とっても快適でした。

アプリはYahoo!カーナビ一択です。渋滞情報や速度取締注意エリアなど適宜お知らせしてくれてGoogleマップよりも使えると思います。

何回も言いますが、本タブレットではあくまでカーナビとして利用するだけ。
SpotifyやGoogle Play Musicを同時に使ったり、アプリを入れてドライブレコーダーにする用途は想定していません。
本当は色々できたほうがいいんですけど、格安SIMも結局1000円以上になりますし、運用コストは思いっきり上がってしまいます。

週末ドライブのお供にタブレットカーナビ、ぜひお試しください。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥19,000 (2018/11/18 10:16:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ドコモ タブレット
¥18,500 (2018/11/18 10:16:18時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

-スマホ / タブレット
-,

Copyright© ヤッテモータース , 2018 All Rights Reserved.